トピックス詳細

信州大学「100年企業創出プログラム」参画人材の公募について

〜松本山雅FCなど地域企業を学びながら支援〜

NPO法人ETIC.は、信州大学など四法人が実施する「100年企業創出プログラム」を応援しています。

同プログラムでは、10月から半年間、信州大学で客員研究員として学びながら長野県内企業の支援を行う人材を募集しています。長野県内10社(予定)から出された経営課題を解決するための人材を、1社につき1名ずつ募集します(合計10名)。

首都圏をはじめとする都市圏で活躍するキャリア人材を想定しています。その人材は信州大学の客員研究員として、自らの経験を生かしながら週のうち3〜4日は各企業に出向いて課題を向き合い、1〜2日は大学で特設ゼミに所属して特任教授らとディスカッションしながら6カ月間での課題の解決に向き合います。

客員研究員には活動費として月額30万円が支給されます。一定の報酬を得ながら「実践型リカレント教育」を受けることができます。

現時点で決定しているのは、プロサッカークラブ松本山雅FCを運営する株式会社松本山雅などで、同社は「地域観光資源(温泉街)との協業を強化し、活動拠点(練習拠点)エリアにおける新しい活性化の仕組みをソフト面、ハード面共に創って」いくことを今回の課題として掲げている。


プログラムの詳細および応募については以下のサイトをご参照ください。
https://www.shinshu-u.ac.jp/project/100nen_kigyo/